英語で学んでいく自由なピアノレッスン

 

ジャズピアノ

ピアノアレンジ 

ピアノ弾き語り

0歳からのリトミック

作曲・耳コピ・音感レッスン

クラシックピアノ

 

様々な専門講師によるレッスンを受講できる足利市百頭町にある「ピアノ教室」です。

通いの難しい方向けに足利市・桐生市・太田市・館林市・邑楽町・佐野市内の出張ピアノレッスンも行っております。


≪Information≫

【2022/07/01更新】

●コロナ禍だからできる「選べるオンラインレッスン・YouTuberデビュー♪」

教室レッスンとオンラインレッスンの同月併用レッスンができるようになりました。

●ジャズピアノレッスンについて

3歳から習える本格ジャズピアノレッスン残り空き時間わずか!

 ●2022年度 体験レッスン受付開始!

太田市や邑楽町からも通いやすい隣接エリア。太田校近日オープン♪



耳を鍛える「イヤートレーニング」

幼少期にしか聴力は育たない?そんな事はありません!

絶対音感」トレーニングの他に、 何歳からでも身につけることが出来る相対音感」を当スクールでは学んでいきます。自宅でも好きな曲を耳で聴いただけでピアノで弾けたらすごーくラク!耳コピができるようになると一気に音楽の楽しさが広がります♪


個性をのばす「作曲・アレンジング」

通常の楽譜を見て弾くレッスンだけではなく、自分自身で曲をつくったり、アレンジ編曲することで、独自の想像力を育てていきます。●楽譜を読むのが苦手●リズムをとるのが苦手●自宅での練習が苦手などの悩みを持っていらっしゃる方は是非ケイノートへお越しください!

 


バンド演奏できる「ジャムセッション」

足利市ピアノ教室ケイノートでは共通の趣味のお友達をたくさん作ってもらうため教室イベントでの生徒様同士の交流会や、講師やバンドとの「セッション」時間を取り入れています。相手の考えを感じ取り、自分の考えを音を通し伝えるレッスンをすることによって、音楽をより深く楽しむことが出来るようになります。






「教室理念について」

楽しい!にトコトン向き合う

そんなお教室を目指し足利市ピアノ教室ケイノートをつくりました。

幼少期の楽しかった出来事、頑張った思い出

それが大人になってからの「頑張る力」となる。

学校では体験できない沢山の経験ができるそんなお教室です。 

また大人になってからの習い事をもっと楽しく!生きがいに!をモットーに

様々な教室交流会を行っております。

 大手音楽教室では出来ない一人一人に合わせたレッスンを講師一同心がけています。

足利校ではジャズピアノを専門とした代表講師を中心に専門講師たちによる自由度の高いレッスンで生徒様一人ひとりの個性を伸ばします♪

 つら~い練習から抜け出して、笑顔あふれる音楽ライフを楽しみませんか?

 まずは体験レッスンから お気軽にお問合せください♪

 

「足利市ピアノ教室ケイノート」

ジャズポピュラーピアノ講師代表 佐武佳奈

 


アクセス・駐車場

 

足利市ピアノ教室

ケイノート【k-note】

〒326-0336

栃木県足利市百頭町

TEL 080-5647-4822

東武線足利駅より車で15分

東武線福居駅より徒歩10分

島田団地の正面 3軒並びの一番奥のオレンジの外観が目印です

 

現在、栃木県足利市・宇都宮市・小山市・栃木市・佐野市・群馬県太田市・館林市・桐生市からの生徒様が通われています。

※駐車場4台有り(お教室の目の前にございます。) お友達と是非一緒にお越しください♪ 




【教室公式blog】

ピアノアレンジって難しいの?

楽譜通りにしか弾けない...楽譜が読めない...だからピアノが弾けない...につながってしまってる方も多いのではないでしょうか?

そんな方こそ是非ピアノアレンジに挑戦してみてください♪

楽譜が読めなくても、指が動かなくても、楽譜を読むよりずっと簡単にピアノが弾けるようになります!

 

なぜそんな魔法のようなことができるのか??それはコードを学ぶことにあります。

 

コードを一度覚えてしまえば、初見でも左手が弾けるようになっちゃうんです!

読みにくいヘ音記号を読む必要がなくなるのでストレスも軽減!

また、楽譜の難易度も自由自在にコントロールできるため、楽譜に書かれていなかった部分を付けたし

原曲に近づけることも可能ですし、逆に難しい部分は省くことも可能です♪

 

本格的なピアノアレンジを世界一簡単に説明できるのはジャズ講師だからこそ!

むずかしい言葉は一切抜きに、幼児からでも学べるピアノアレンジでストレスフリーな音楽ライフを楽しみましょう♪

続きを読む

ピアノを始めるベストな時期

お子様や、大人の生徒さんのピアノのはじめ時でベストなタイミングっていつなのか?というご質問を

毎年体験レッスン時にお聞きしますが、ベストなタイミングで始めるときに大事になるのが、

「ご自身の周りの環境であまり動きのない時期」

 私たち講師からご提案させていただいているベストタイミングはあまり環境の変化がなく、疲れにくく、心に余裕がでたタイミングです。

 

新しいことを始めるときに大事なのが、「心の余白」

たくさんのあたらしい知識を詰め込むには、ゆったりできる心の余裕と身体的にも疲れがたまっていない時期が狙い目です。

(入学式や転職などがある場合は2,3か月待っていただいたほうがいいかと思います)

 

心も体も、しっかり余裕があるときに新しことを学ぶ!

これを知っておくと何かに挑戦したくて焦る気持ちをすこしやわらげられるのではないかと思います♪

 是非参考にしてみてください♪

 

 

ジャズピアノ、キッズジャズピアノ担当 佐武

保育士伴奏のコツ

保育士伴奏のコツ

 

保育士さんでピアノ伴奏に苦労されている方が多くいらっしゃいます。
保育士さんがピアノ教室に通うことも多く、毎月曲の変化が多いため子供たちのためにピアノを習得しよう!という方がいます。
なんて勉強熱心なんだ!と感動です。保育曲のパターンや伴奏ってだいたい似たような感じになることがほぼ多いんです。

さらに慣れてきたらコードを覚えてしまうともっと楽になる!
楽譜通りに弾かなくていいなら、自分の弾きやすいように伴奏を変えて演奏することもできるんです♪
毎月、季節に合わせて曲を選んでやっと弾けるようになってきたと思ったら今度は次の月の歌になってしまうのでそっちも譜読み・練習しなければいけない・・・
と、あっという間に時間に追われて忙しく日々の曲をこなしていく毎日…
いろいろな保育士さんを見てきて・保育曲をレッスンしてきて気が付いたことがたくさんありました!

「このリズムよく出てくるな~」
「コード進行パターンほぼ同じだな~」
「伴奏はこれを転回して進んでいるだけなのか~」などなど・・・

保育曲だけ練習していればOKというわけにはいかず、やはりテクニックは大切です。
「指のトレーニングもすこーしずつ進めていきながら、保育曲を勉強していく」
そして慣れてきたらコードにも挑戦してみる!と、日々のピアノがとても楽になると思います。
レッスンでは保育曲を進めながらもピアノ基礎テクニックはもちろん、ポピュラー・クラシックなどに挑戦している保育士さんもいます♪
自分が好きな曲だと練習もはかどりますよね!

コード勉強をする前の準備も大切ですが、コード勉強してみたい方や保育士さんがいたらぜひ体験レッスンに来ていただけたらうれしいです。

自立した力を育てたい

自立した力を育てたい

 

 

「弾きたい曲をスラスラと弾けるように!」
初心者の方は、これができたら…と思っている方も多いのではないのでしょうか。

弾きたい曲の楽譜を買って弾けることができたら…

とても楽しいですよね!

しかし「楽譜を見て音符を正確に読んで弾く」
これができるまでに時間がとてもかかると思います。

自立するためのポイントをみてみましょう。

1.楽譜に音符名を書き込まない

スラスラと音符を読めるようになりたい!という方はとても多いのですが、これを習得するためには楽譜に音符の名前を書き込まないことです!

分からないからついつい書いてしまう子ども・大人は多いのです。

書いてある楽譜まで売ってるので、苦手意識が強い方はそんな楽譜を使っていると思います。

音符を覚えたいのに書いてある楽譜を使うのはこれからはやめましょう!

分からない音符、毎回「なんだっけ?」と迷う音符があると思います。
毎回繰り返しして読んでください。
何回も読む事で覚えてくるはずです。

しかしどうしてもそこだけは苦手でリズムが崩れる・止まってしまうなどがあるのであれば書いていいと思います。

2.先生に質問すること

おうちで練習していて分からないことや忘れてしまったことがあれば、レッスンで先生に聞きたいことをメモしておきましょう!
ココロミュージックでは、楽譜に先生に教えてほしいポイントを書いてくる子どもの生徒さんもいますよ。

自分で何が分からないのか・知りたいことなのかを明確にしておかないと、レッスンに通って先生の言うことを聞いているだけになってしまいます。

どうやって練習したらいいの?この部分はどうやって弾けばいいの?という内容はレッスンで先生が教えてくれています。
そのような言葉を忘れないように、自分の字でメモしておきましょう。

昔、私がピアノレッスンを受けているときにはレコーダーを持っていったり、先生が話しているときにレッスンで気がついた点や先生が言っていたことなどをメモしていました。

幼少期では先生がテキストに書き込むことがほぼですが、大人の方は自分で書き込むように習慣にするといいですね!

3.周囲に自分のピアノ演奏を披露する

「私、ピアノはじめたばかりだから恥ずかしくて聞かせたくない」という大人の方や「人前で演奏したくない」「家族の前で演奏できない」などなど、理由はそれぞれ恥ずかしがって弾かない人もいると思います。

初心者も堂々と家族や友人の前で披露しちゃってください!

「まだここまでしか進んでいないけどぜひ聞いて♪」と言えるまでになればいいですね。

人前で弾くと緊張して練習どおりにいかないことが多いですが、練習している様子も家族や友人に見せて聞いてもらいましょう。

自分で聞いている演奏では気がつかなかったことや違う形でアドバイスをもらえたり、成長した姿を見て感動してくれることもありますよ!

演奏を披露することも自立の一歩です!

4.リズムを習得すること

演奏する上で大切なことの一つです。リズムを叩けるように・拍子を完璧に数えられるようにすることができなければ楽譜を読むことができません。

新しいリズムが出てくるたびに、悩んで適当に弾いたり毎回レッスンで直されてしまう・・・
CDを聞いて耳コピしたりするのもあまりよくないと思います。

自分でリズムを完璧に習得するまでにはとても時間がかかります。

難しいリズムが出てきても自分で理解できるようにする、自立できれば先生はいらなくなりますよね。

リズムパターンをレッスン内でレパートリーとして貯めておくといいと思います。

3連符・5連符…変拍子のパターンなど、曲で出てきたら先生に教えてもらうだけじゃなくて自分で調べたり、他にはどんな曲があるんだろう・どんなパターンで出てくるんだろうと見たりすると頭に残っていきますよね。
自分の頭の引き出しにリズムパターンを収納していきましょう!

私はみんなに早く自立してほしいので、ピアノをやめたとしても好きな曲を好きな時に弾いてこの先も音楽が心の救いに・癒しに・趣味になってほしいと願っています。

ここまでの力を育てるために、私たちピアノ講師がいるのではないかと思っています。

本当に自立したいのであれば、先生が教えてくれた事だけでなく工夫して練習することが近道だと思います。

同じ時期に入会したのに、進みが早かったりたくさんの曲をこなしている生徒は影で努力している人・工夫しながら楽しみながら練習人です。

ぜひ、先生と一緒に目標を考えたり話し合ったりしてみてくださいね。